個人事業主になって年収をアップさせるコツ

IT業界に入り、プログラマーやSEの道を歩んでいくと、やがてふたつの道の前で迷う場合がある。
すなわち、このまま正社員の道を行くか、会社を辞めてフリーの道を進むかだ。
会社を辞めたて個人事業主となった場合、保証が一切なくなる代わりに、収入を大幅にアップさせることできる可能性が生まれてくる。
なぜならば、雇用主の立場としては、必要な時にだけ雇用契約を結べばよいので、人件費がかさむリスクが少なく、正社員と比べて思い切った報酬額を提示することができるからだ。

ただ、いくら報酬単価が高くても、継続的に仕事を得ることができなければ、高収入の道は立たれてしまう。
それを成し遂げるにはいくつかのコツがある。
ひとつは人脈だ。会社を辞める前から取引相手などと強力なパイプを築いていれば、いざという時、優先して仕事を回してくれる可能性があるだろう。
あるいは、会社を辞めた後も、IT関連の勉強会などに積極的に参加し、そこで人間関係を築くのも大切なことだ。

もちろん、実際の仕事において良い評価を得ることも欠かせない。
相手の依頼してきた仕事の意図をよく汲み取り、想定以上の仕事を成し遂げれば、相手も再び仕事の依頼をしたくなるだろう。
そのためには、依頼の要件を鵜呑みにするのではなく、雇用主の意図のその先を考えることも大切になってくる。
これらの地道な努力を続けていくことで、仕事を継続して行えるようになり、正社員時代と比べ、遥かに高い年収へとつながっていくのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です